3.27.2013

楽器作りワークショップ

春休みに3日間楽器作りのワークショップをしました。
作った楽器は、植木鉢の締め太鼓と、塩ビ管のミニ太鼓、ペットボトルの一弦楽器です。


夜な夜な試作品作ってたのですが、水道管の方は風船使ったりするので色合い的にも派手で音も高くて響き、子どもがいかにも喜びそうだったのに対し、締め太鼓の方はブルーシートならぬブラックシート、植木鉢も黒だったので何だか暗くて、お婆さんの形見の壷ですみたいな感じに。



これだとテンション上がらないだろうと、色紙を貼って、皮に色を塗ってみたけど、作るのが夜で写真も暗い所で撮るせいか、どんどん金田一耕助の事件簿「先祖代々伝わる秘伝の壷」みたいに。。

でも結構大きな音が出るので、予想以上に子供達の反応も良く、やっぱり柄が明るい色になると一気に華やかな感じに。さらに皮のペイントはとても楽しんで自由に絵を描いてました。

↓もう秘伝の壷じゃない!


水道管と風船とセロテープで作った太鼓。水道管に千代紙で飾りを付けて、個性的&MY楽器って感じにしました。



締め太鼓は結構難しかったから2時間半位掛かりました。でもやっぱり日本人の子供達は丁寧だし、手先が器用だな~って思いました。手作り楽器皆さんも是非。面白いですよ♪



植木鉢で締め太鼓はこんな音が出ます。結構大きな音が出ます。




塩ビ管のミニ太鼓はこんな音です。




一弦琴はこんな感じです