8.30.2014

ディナン講習会2014

 今年もディナンの講習会に行っていました。フルート、篠笛と、室内楽を教えました。
この講習会の楽しい所は、旧市街を見渡す高台の寄宿学校を借りて行うので、レッスンも宿も同じ所。外泊にしない限り、先生も生徒も三食共に過ごす合宿 状態なので、御飯の時や、夜のバー(というのは格好良すぎる即席バー。蚊に刺されるテラス付。)での講師陣同士の交流も楽しかったです。

フルートは15歳位の子と大人2人が生徒。篠笛はフルート専攻の子と現地在住の日本人の大人。大人になってもこうやって講習会に参加したりする人達は、お仕事以外の所にパッションを持ってて素晴らしいなと思います(私はいつか英語の講習会にでも参加したいかなぁ)
篠笛はフルート専攻の子が去年に引続き受けたので、今年はソロでピアノと「涙そうそう」を吹いてもらって、日本人の方は中国地方の子守唄を吹いてもらったのですが、やはり歌い回しみたいなのは日本人だから何も言わなくても分かるのですね。篠笛とピアノという組み合わせは音程が特に難しいのですが、伴奏者の人もデリケートに弾いてくれて、皆シットリ聴きいってくれて「綺麗だった」と評判でした。


何となく毎年私が室内楽担当になっており、今年はヴァイオリンと ピアノの兄弟デュオと、ハープとフルートのデュオを見ました。ハープは王子とイングリッド・プロキュルールさんと一緒に弾いたりしているので馴染みがあり ますが、今回彼らが吹いた曲は知らない曲でした。知らない曲のときは、一緒に音楽作って行く感じで面白い。
兄弟デュオはアントワープ音楽院の生徒で、ヴァイオリンの子は去年も室内楽のレッスン見た子。去年より上手になってました。学生は素晴らしい!私もまだまだ年々上手くなりたい。

曲はグリーグのヴァイオリンソナタ第三番。フルートのレパートリーにはないジャンルの音楽。高校の吹奏楽部で学生指揮者をしていた頃を思い出しました。自分では出来ないけど要求だけはするという指揮者。反って音楽だけが見えて、それはそれで面白い。生徒にも「フルーティストだからどうなるのかなって正直思ってたのですけど、興味深いレッスンで良かったで す」って言ってもらえて良かったです。

彼らは土曜日のコンサートで2楽章を弾いて、日曜日に1楽章を弾いたのですが、土曜日の2楽章は本当に皆シットリ聴きいる程に綺麗に弾けて、素晴らしかった!元々上手かったので、私の功績でも何でもないんだけど、何か嬉しかったです。

お喋り笛吹きのベルギー見聞録より


Photo de Stage de Dinant sur Facebook 




8.13.2014

Stage à Dinant 2014

Cette année, j'ai donné les cours de flûte traversière, de flûte japonaise et de musique de chambre. La ville de Dinant où le stage a lieu est une ville médiévale et nous restons dans un collège sur une colline de Dinant où il y a une très belle vue sur la vielle ville. 

 

Pour la classe de flûte japonaise, deux élèves se sont habillés en Kimono au concert et ils ont présenté une mélodie de chanson japonaise, une musique de la fête traditionnelle et une élève flûtiste a joué (à la flûte japonaise) une chanson inspirée de la musique Okinawa (沖縄 - sud du Japon) avec piano. 



Cette année-ci, je voulais aussi faire un atelier de danse de la fête et y insérer la musique mais finalement je me suis fait mal au dos en juillet et je n'ai pas pu l'apprendre moi-même... La prochaine fois!
Pour la musique de chambre, j'ai donné cours à une harpiste (avec flûte traversière ) et un duo violon & piano, la sonate de Grieg no°3 qui est une très belle sonate. Ce répertoire est différent que celui de flûte traversière mais heureusement grâce à mon mari qui est violoniste et altiste, je m'y m'habitue. J'étais heureuse d'avoir l'occasion de donner ce cour avec les élèves de conservatoire passionnés. J'aime bien le cours de musique de chambre, c'est un autre regard que le cours d'instrument.


Au stage à Dinant les cours, les repas, le logement, tout se passe au collège. Je vois les élèves, les professeurs à tout les repas et au bar pendant la soirée ce qui est très sympathique. 
 
 

7.09.2014

2014 年発表会終了

 ピアノ、クラリネット、ヴァイオリン教室と合同の発表会でした♪
7月は不定期にレッスン。8月はディナンでのセミナーの後、お休みになります。次は9月〜です。ディナンでの夏のセミナー情報はこちらから


今日は生徒の発表会でした。ピアノと、ヴァイオリンとクラリネットの先生と合同の発表会で色んな楽器が混ざって、ヴァリエーションもあって良かったです。最後はフルートとクラリネットで合同のアンサンブルをしました。








学生の頃から少しずつ教え始めて今年で多分12年くらい経ったかな。今日は1年振りに聞いたピアノやヴァイオリンの生徒がいて、去年よりもずっと上達していたり、見た目も大人になっていたり、成長を感じます。


今回の発表会が生まれて初めての子は「ここでは先生を見てね」というと、本当に「ここ」で先生をひたすらガン見。「見る」=「合図」というのは私達ならすぐ分かるんですが、時々本当に可愛いおかしい反応を示してくれて(笑)なんかほのぼの。私達も色々教わって覚えて現在にいたるのだなぁと、教えながらつくづく思います。とりあえずレッスンして来た生徒達は皆しっかり吹けてて安心しました。

いつからか忘れましたが、毎年生徒のプロフィールも書いてもらって当日に配ってます。作るのはちょっと大変なんですけど(対訳を作るので)、生徒が書くことが結構面白いので楽しみながら作っています。「好きな物」の中には、検索掛けないと分からないアニメや、映画、歌手が居て・・・そういうのも勉強になります(笑)

そして毎年小さい子達の演奏が可愛くてたまりません。立ってもピアノよりも小さい・・・。可愛い。手の動きを見てもまだまだ不器用な感じなのが、段々自分の一部の物を動かしている手つきに成長と共になって行くのを見るのも、何だか人間の不思議を見るようで面白いです。

い つもあんな可愛い子達を見てると、自分が習い始めた頃はどんなだったのだろうと思います。5歳からピアノ始めて、初めての発表会は多分小一なんですが、見 ていて愛らしかったのかしら。毎年発表会でピアノの子を聴く度に、私もこれ位きちんと練習しておけば良かったと思います。

フルートを始めたのは小学校のブラスバンド部なのではっきり覚えてますが、ほぼ独学だったのでどんな音だったのか…。

当時、11歳とか…。世界で活躍する人達は、11歳なんて言ったらもうバリバリ。14歳でパリ音楽院卒業とかです。でもまぁ普通に祖母にピアノ習って、市立小学校のクラブ活動でフルート吹いて…が、音大受験して、ベルギーに留学しに来て、何となく演奏する機会をもらっているわけなので、なんとなく人生色々ですね♪


お喋り笛吹きのベルギー見聞録より抜粋

5.26.2014

発表会と夏の講習会

6月28日(土)午後3時より、Atelier Marcel Hastir にて発表会があります。
ピアノ教室、ヴァイオリン教室、クラリネット教室との合同の開催です。


場所:Atelier Marcel Hastir
Rue du Commerce 51 (2階) (Metro 2、6番線 Trone より徒歩3分)


大きな地図で見る



また8月4日(月)から8月10日(日)の一週間、ベルギーのディナンにて音楽講習会がございます。

詳細はこちらのページよりご覧下さい : http://atelier-de-flute.blogspot.be/p/blog-page_27.html