6.10.2013

2013 年 発表会

発表会でした。かれこれここで生徒持ち初めて10年位。毎年他の先生と合同で行ってきましたが、ここ数年は毎年この時期に、オルガニストの樋笠さんのピアノ教室と合同で行っています。今回はヴァイオリンも一緒で、ヴァイオリンが沢山入るとレパートリーが増えて良いですね。

去年はワーテルローの王子の実家でのサロンコンサートになったのですが、今年はまた再びアトリエ・マルセル・アスティール(参考:ベル通記事ーアトリエ・マルセル・アスティール歴史の一ページの会での演奏) に戻ってきました。マルセルさんはお亡くなりになりましたが、このアトリエは20世紀のヨーロッパ史に残ると言っても過言じゃない位色々起きた所なので、 所々改修しつつも残って欲しい建物です。

生徒達は各自それなりに準備出来ていたので、特に当日の巨大な不安はなかったですが、やっぱり毎回 ドキドキで、無事終了してホッと一息です。ピアノの生徒さんなどは一年振りに会うので、たった一年で大きく成長していたり、ピアノも上手くなっていたり。 リトミックで教えていて最初はまだ3歳に満たなかった子が5歳になってファイフの音を一応出せるまでになって感動したり。子供達は着々と成長しているので すねぇ。

プライベートの生徒は駐在関係でベルギーにいる日本人家族の生徒さんが殆どなので先の予定は立てられないし、来年はどうなってる か全く予測不可能なんですが、出来たら次回はアンサンブルの曲を何曲かに増やしたいなあ、なんて思いました。短いベルギー滞在期間の良い思い出になって欲しいです。

何だか肌寒いですが、もう夜の10時まで明るいのですね。一応夏ですからね。毎年この時期は、新緑の季節で日も長くなってき て・・・夏の良い時期を迎える中、発表会の準備なんですが、今年は寒い!!!春まだ~??なんてブツクサ言っていて気付いたら発表会に。。。でも昨日は天気も良く、程々に暖かくなってくれたので日頃の行いが良かったのかな。私の行いが良かったのかな、生徒の行いが良かったのかな。文句ばっかり言っていて は、夜遅くまで明るいという素敵な事実も見逃しちゃいますね。

お喋り笛吹きのベルギー見聞録より抜粋