6.05.2016

パリ 篠笛教室発表会


土曜日はパリの太鼓教室太鼓と合同での篠笛教室よし笛の発表会。パリのコラボしてる繫太鼓&阿波踊り教室は、今年で開校5年目。大変アクティブな教室で生徒も60人近く。お陰で数少ない私の生徒達も大変活気あるコンサートに参加出来ていますニコ

私の生徒は毎度浴衣で演奏着物 着物は着せるのが大変なので簡単に浴衣。

太鼓は楽器の搬入も大掛かりで、生徒達の援助が必要というという面もあるので、発表会も生徒達が一緒に作り上げるコンサートという印象。コンサートの日は太鼓生徒と篠笛の生徒と、皆で和気藹々と過ごし、衣装合わせをして、通し稽古をして、ご飯を一緒に食べて・・・楽屋でドタバタ。なんか高校の定期演奏会を思い出しました。
  
それにしても、エンターテイメントとしての和太鼓全体に言えるのだろうけど、ビジュアル要素や構成に凝っていて、舞台の出入りも演奏会の一部として習うことの一つとして徹底してて面白い。仮にコンセルバトワールに和太鼓科があったら、試験もエンターテイメント要素含めての点数みたいな感じで楽しそう!(案外、逆に和太鼓が音大の試験の雰囲気に飲み込まれていったりして(^^;)

伝統邦楽も舞台での仕草には多分相当注意してます。西川先生と演奏会でご一緒した時の舞台態度の美しさ(隣にいて感じ取ることが出来るほど!)は忘れられないです。
クラシック音楽でもオペラ歌手は出入りから役に入ってるんですけど、器楽奏者はあまり気にしない・・・というより気にしなさ過ぎなのかも汗

楽しい一日でした。


↓リハの後に太鼓教室の生徒たちと合同で撮った写真。篠笛の生徒は極僅か(笑)