11.18.2016

文化交流イベント@アントワープ、阿波踊りワークショップ&太鼓イベント@ブリュッセル


先週末は土曜日にアントワープでNHKカルチャーセンター(日本の)&アントワープ市共催のJAPANデーに篠笛教室として参加♪

ブリュッセル篠笛教室初の外部演奏!

パリの篠笛の生徒、ブリュッセルの生徒そして、パリから繋太鼓さんと阿波踊りの生徒達も参加してくれたので大賑わいになりましたはっぴ

開会式で会場に入ったら、先日の”千鳥の曲”オーケストラバージョンが流れてました。春の海と並ぶ有名曲?ならばもっと広めようかな?

私たちの番は、ドンパン節で明るく始まり、会津幻想曲というシットリした篠笛二重奏曲を生徒と演奏し、最後は繫さんの阿波踊り。
⇧会場だったZuiderkroon in アントワープ

定番のドンパン節ではいつもお客さんにサビを一緒に歌ってもらうので、最初にまずお客さんに声掛けする予定だったのに、スーッと演奏を始めてしまいました。コンサート形式に慣れすぎてるのか、色々やることが多いと忘れてしまうのか。

サビになったところで、あれ?みんな歌わないなぁー・・・説明忘れたぁぁぁ!!

そこで即座に「ご一緒に!」と声かけしようと思っても、フランス語で言うことに慣れ過ぎてリズムに乗って出てくる単語はフランス語。英語も日本語さえも一瞬の間に言葉が出てこず。どうもアントワープで、フランス語を発することに躊躇いがあり・・・ということで、手拍子だけしてもらいました(^^)お国事情は舞台にも影響する(笑)でも最後に繫さんの阿波踊りでお客さんも参加出来たので良かったです。

↓本番前楽屋

篠笛の二重奏を公の場(教室発表会以外)で演奏したのは、実に私の横笛の先生の西川浩平先生とブリュッセルで演奏させて頂いた2009年ぶり。篠笛二本の色んな綺麗な曲があるけれど、私が分身の術を使わないといけないので、中々演奏機会がないのです。マイクエコーがすごく掛かってて実に幻想的でした(笑)

↓派手めのお化粧してあげてる

参加した人たちから沢山メルシー(ありがとう)メッセージをもらって、そんな一時をあげられたなら良かったな!って思います。阿波踊りの生徒の一人は、ハチマキ締めたままアントワープの素敵な駅で写真撮ってましたニコニコ​​楽しかった証拠かな。習い事は習うだけじゃなくて、色んな経験や思い出が出来ることも大きな目的の一つだと思うので。

フルート教室も何年か前に、ユダヤセンターのハヌカパーティーで生徒たちが日本の曲とユダヤ音楽を演奏しました。お客さんたちが一緒に合唱、ブラボーって大拍手起きるなど、発表会では起きない現象が起きたり、ハヌカという行事が日本人には珍しいので、写真を熱心に撮っていた生徒のお父さんがいらしたり…。生徒もだけど、お父さんの思い出にも残ったなら良かったなぁって。

イベントの準備は何かと時間掛かるし、自分の演奏活動とかもあるので、ここ数年は特にマスタークラス以外はフルート教室の方はイベントが思うように出来てないけど、こういう機会があって生徒が楽しそうにしてると、何か”習う”以外に機会を作らないとなと思わされる。大した規模の教室じゃないし、大規模にすることは不可能かなとは思うけど、これからもそれなりに愛情を掛けて行きたい。

続く・・・